ハウスオーダー ROOTのセカンドラインは?

人は誰でもより良き物を求めるのは当り前です
車であれ 時計であれ 私もより良い方が欲しいです 
  
ただ・・・
 
値段が同じならば です
 
ですがこれはなかなかそうはいかないのも当たり前で。。
  
資金力次第という悲しい?現実が大きく立ちはだかります
 
 
 
当社のファーストラインは試着されると着心地に驚かれます
 
まして他店で作っていればその差はハッキリと判ります
 
100%の方が着易く綺麗と必ず言われます
 
 
 
可能ならば全てのお客様にファーストラインを着て頂きたいものです
 
 
ですが値段の差が3万から4万程度あります
 
それ位なら良い方が良いという方もいらっしゃいます
実はこの差額は品質から言えば非常に小さいと思うのですが・・
 
 
10万未満が予算の場合 この差はとても大きく感じます
 
 
日本で流通するスーツの95%以上は10万円未満と思われます
 
その多くは5,6万程度ではないでしょうか
 
 
と言う事は世間では5,6万~7,8万のスーツの着心地が標準なんですね
 
このレベルを着ている人は「着難いとの感覚は無い」と思っているはずです
 
 
何故なら それ以上の着心地を体験する場が稀だからです
 
大手量販店は全国に2000店舗程度あると思います
量販やデパートを含めて一般的な着心地は全国どこでも経験できます
 
昨今流行のオーダーショップもしかりです
5,6万の既製品から同程度のオーダーへと志向が移ってもいるようです
 
これはオーダーの裾野を広げるという意味でとても良い事
当店にとっても非常に良い事と喜んでいる所です
 
其の所為でしょうか初めて来店される方が増えました
 
そして質問を頂きます
 
>いくらくらいで出来ますか
 
やはり値段が多くの方々の入口なんですね
 
 
昨今はネットで下調べをしての来店が多いです
故にファーストラインを知って上での来店は多いです
 
始めて来店頂く多くの方にスーツの値段の話しをします
 
多くの方は値段は生地の値段で決まると思い込んでいます
 
何故なら当店以外の大半の店ではそうですから
 
>>この生地はとても良い生地ですので高いです
 
多くの店では生地の値段でしか価格は変わりません
99%のオーダーはそうだと思います
 
当店ではその辺りがかなり他店とは異なります
 
大雑把に3ラインがあります
 
この中で最も価格の安価なのがセカンドラインです
 
これは世間並の価格のラインですの何方でも楽しめます
 
しかしならが当店としてのセカンドラインです
 
その差別化されたラインは世間とどのように違うか
ここが「売り」と言う事なんです
 
ではその「ウリ」とは
 
常に良い物を触り袖を通して作るセカンドラインは
世間レベルとは異なる何かを感じて頂けるハズです
 
そして他店では不可能な「比較」を実体験して頂けます
イタリア製ハンドメイドしかりファーストラインしかり
 
着比べつつ最新のイタリアも知る事が出来ます
 
 
私共で作るセカンドラインは巷の流行的な物とは異なると自負しております


良いオーダースーツを求めて40数年になります

服飾に目覚めたのが小学校6年の後半でした
中一の時には岩国の基地前のテーラーでBDを仕立てました
 
当時はインド人のテーラーが国内の米軍基地前に在ったものです
 
関東ですと横田基地前にも有ったのではと思います
「ヤンキー」相手にスーツとシャツを主に縫っていました
 
何にせ世の中にBDシャツという物が無い時代です
 
VANのシャツが広島にまだ無かった時でしたから
広島から岩国迄自転車で数度行きました
 
ドロップハンドルと呼んでいた自転車のハンドルが出始めた頃
10段ギアにビックリした時代です
 
自分で書きながら。。懐かしいイイイです・・
小悪な頃でした(笑)
 
その頃から高校生のVANの時代を経て
 
そして今に至るまで服の面白さは変わりません
着ている物も結局変わっていない気がしますね
 
今販売している服のベースに流れるマインドは普遍的です
取扱っているブランドの内面の精神性を大切にしています
 
オーダースーツをセレクトショップ内で売り始めたのも日本で最初でした
 
今から31年前にパターンオーダーを既製服の横で始めました
 
それは既製服ではどうしても好みの物が見つからない
サイズが合わない 自分の脳裏に浮かぶ服が着たい
 
無いなら作ればいいじゃないか
そんな事で始めたオーダーが今では世間の当たり前です
 
安直でお求めやすくなりマーケットも広がりいいことです
 
ですがユニクロと同様に 質 を求めるのとは違うようです
値段勝負に見えてなりませんね
 
着心地やセンスはどうと言えば生意気ですが今一つな物が多い
 
これは世の常ですからコレはこれで良いとも思います
 
価格と品質も多様な選択肢があってこそ
 
すべての方が贅沢を出来るわけではありませんから
 
当店ではイタリアと国内が同時に体験できます
 
国内では私はココが一番良いと尋ねた工房と
イタリアのファクトリーが選べます
 
この事はとても重要な事なのです
 
「常に」最新の「物」と「技術」を毎日体感しています
これこそが「常に旬と最高」を提案できる所以なのです
 
長いグダグダにお付き合い頂き有難うございました
 
本日の美人はドーメルのトニック
ですが並みじゃないトニックです
 
この美しさが判る方は通なお方かと思われます