WEBA レスレストン フルオーダー

WEBA

多くの方がご存じない生地屋です

コレが凄い

何が凄いかと言うと

答えは後から

先ずは

画像です

コレがなんと WOOL 100%
日本人の99.999999%以上が未経験の世界があった!!

こんな技が有ったかぁ・・・ヤラレタわぁ~

と正直に思った次第です

ヤスカナイ シリーズですがいいです

早速着てみました
いやぁ 未経験の感覚ですね

トゥルッ トゥル と書いておきます
そんな感じです

もちろん 手触りはカシミア的で心地よいです

19日からは安いDO1ソーイングのオーダー会です
WEBAはありませんが引けを取らない逸品も安く出ます

是非 ゼニアスーツ共々限定素材です


本人だけが判る質

落ち着いたプリントです
珍しくもないと思われるでしょうね

上質な麻にプリントされています

質は本人だけが判るものです
見せる為のシャツではございません


レスレストンのフルオーダー

シャツの最高峰と私は思っております
リピーターの方の朝は無意識に手に取るシャツ
それがレスレストンのビスポークシャツデス
特別にスーツに拘りを持たれる方ハ猶更です
某都内の有名仕立て人の店と当店だけのビスポークです

夏様に麻のオープンシャツも上品な顔をしています

次回は8月8日 9日 10日の3日間です


カルロリーバ

今日もカルロリーバで快適です
風が肌をさすりながら通り抜けます
2B0F9110-35CD-42E3-BC11-9EC63B87A248
147AC11B-10F8-4629-87D4-373581A97976
ティファールがあればプロ並みのプレスが簡単に出来ます
クリーニングに出すよりは数倍長持ちします
 
しなやかさと上品な本物の艶が有ります
0F033CC3-8B04-42DA-AABF-9103668F6B3B
  

世界で最高の生地です
コレだけは断言できます
  
この生地は技術が低くても肌触りは最高だと判ります
 
ネットで探すと5,6マンが多いのでは
当レスレストンでは8万位から10万程度です
これは技術とパターンの差です
 
ここで99%以上の方に見向きもされなくなります(笑)
 
>>シャツで10万なんて バッカじゃないの
 
こんな方 おおお多いですけどね
  
でもねえ 一度着ると 
他は。。コロナが無ければ着ないでしょうね
コロナで財布が超薄っぺらになってしまいましたから値・・
  
でも。。老後為の預金から・・一枚だけ8月に。。。
 
オタク的ですがコレは短なるオタクではありません
肌が求めるのですから。。。


レスレストン フルオーダー会

私も5年前のシャツを着てみました
ヤハリ ピッタ としています

・・・なんだか、、ねえ この細さってフルクネ

って 私たちは思うんです

当店で最も大切にしているのは
高級ではなく恒久的スタイルです

これは流れゆくファッションでは非常に難しい要素です
ですが 可能な限り恒久的なシャツやスーツを提案します

当店での在庫はカジュアルシャツはイタリア製が大半です
ですがドレスシャツはレスレストンが90%です

当初はイタリア製ばかりを販売していました
しかし10数年前にレスレストンと出会いました

見た目の顔の品の良さに先ずは一目ぼれ
袖を通してみると

なんじゃこりゃ この腕と体のstressの無さ
今迄経験した事が無い 快適な着心地にビックリしました

この感動を皆様に伝えねばと従来のイタリアブランドを減らしました
今では店頭の方は100%がレスレストンに変わりました

さらに既製品以上の着心地を求めてフルオーダーです
これは国内外では当社とチッチョさんの店だけで可能です

っと 大阪の久木元氏のアトリエと世界で3か所です
シンガポール他海外は全てパターンオーダーです

それでも引っ張りだこになって来ています
日本よりは海外の方の方々の目は素直の様です

コロナと同じでメディアで目が作られているのが日本です
物の良さをメディアという他人の目にゆだねるとは

何故 ? ご自分の目と肌で物を判断出来ないのでしょうね

これは多くの店の責任もあると思います
バイヤーの目がメディアに由来するからでしょう

ボヤキはこれくらいでレスレストンでした

レスレストン ファンの方々の為に
そして本当の良いシャツを知りたい方の為に
8月9日 10日 11日の3日間
オーダー会開催が決まりました

本当のフルオーダーで貴方も異次元を知るハズです
3月はコロナで来れなかった久木元氏も来ます

まだまだコロナ禍の真っただ中ですが
本当のシャツの世界を知るいい機会です

それと

カルロリーバ !!
コレですね 高いですが

資金的にイケル方はこの素材を絶対に経験すべきです

コレ程納得出来る生地は他に有りません

そこいいらのスーツの値段よりも高い物も多いです

ですが一度着れば病みつきになります

全体では非常に少ない人たちの為の素材です
現在は9名の方が罹患されております

カルロリーバ症は資金の続く限り治りません

ハイブランドでも絶対に知る事が出来ない着心地です
数十万のブランドシャツよりも確実に着心地は良いです

この生地の肌触りは経験者だけが知る異次元ですから

カルロリーバ 

服が好きな方なら一枚はお持ち下さいませ

こんな着心地のシャツ生地が有るのだ! と

カルロリーバは番手では表せない肌触りの良さを持っています

これがイタリアの奥深さなのでしょう

世界で唯一無二 と言える生地です

因みに今日着ているのは夏用の「ローン」です
風を通す程の薄さですが肌は透けません

驚くほど快適です。。。

コチラはこれからの次代への提案です
カジュアル過ぎない品格を持つBDです

既製品は@25000
インポート並みの値段には
インポート以上の理由と価値がありますから。。。


Bespoke Butler Service 出張サービス

お忙しい貴方の為に最高の着心地と最高の素材で貴方の元へ参ります
7日前の御予約をおねがいいたします
(現時点では広島県内及び近県の一部)
For HIroshima City and pref, we provide our Bespoke Butler Service.
Our Bespoke Specialist, with 7 days’ notice, can come to your preferred location for any Custom Made request.


レスレストン オーダー会

久木元氏不在の開催にも関わらず
昨日は早朝よりの来店頂きありがとうございました

久木元氏の身の安全を考えて不在で開催中です

今回は生地も増えております

夏に向けて麻は特にお薦めです

納期は・・・半年?

国内で唯三か所だけで可能なビスポークです
都内なチッチョのスーツと共にどうぞ
大阪ならレスレストン本店で
 
地方ではココだけの話 ここだけです
海を越えてファンが増えるのは
その哲学と着心地から
リピーターは確実に増えるばかりです
其の所為で納期はどんどん遅くなっています
 
海外でも引っ張りだこの久木元氏の哲学です
 
ここで何年も何度もお薦めしていました
が日本は本当に見る目が無い人が非常に多い
ツマランイタモノが良いと信じ込む人の多き事
 
その点海外は物そのものを見ます
 
やっとレスレストンの良さの解る人が増えてきました
 
**続く**


カルロリーバ 本当にいいいいいですねえ

いいです値ぇ とも書きますが
 
「待つ男の知らない世界」
 
あるんですね
 
 
スーツ生地等では様々な生地の知識はあります
 

 
シャツ生地ともなるとほとんど知りませんでした
 
 
 
レスレストンを販売するまでは
 
 
 
生地ブランドですとカンクリーニ 良くてトーマスメーソン程度
 
シクテス なんていうのも テスタ等聞いた事も無かったですね
 
当店のマイド様は私どもstaffと同時に知った次第です
 
かれこれ10年近くになりますね
 
 
 
それでも カルロリーバは最近です
 
生地屋では世界最古の会社とも聞きましたが
 
イタリアはコモに会社があるとか
 
今でも古い低速織機で織られる生地は希少品の世界
 
高速織機の5分の一程度?のスピード故コストは5倍
 
これだけでも高価な生地と納得しますね
 
 
 
そして生地には「巾」が有ります
 
皆様はあまり考えないでしょうが
 
作り手にとっては非常に大きい要素なんです
 
 
 
一般的なスーツ生地は「w巾」と呼ばれる巾
高速織機で巾も広いのが現在の生地です
 
巾が狭い場合は生地の長さが2倍近く必用です
 
カルロリーバは古い低速織機で織られる為に巾はシングル巾
 
最高級ランクのスーパー170’s 180’sの糸を使い
ゆっくりと織られる生地は他に類を見ない表情と着心地です
 
。。言い過ぎていますが・・それくらい素敵です
 
今回のイベントでは6枚売れていました
一度触るとビキューナが彷彿される感覚があります
 
お得意様に澤って頂くと100% 声が出ます
 
 
>うわぁッ。。。
 
 
世の中の「様々な分野での世界最高」
例えば 車等数千万から億の値段です
 
シャツなら10万アンダーで経験と保持が出来る!
 
 
私も 「出来る贅沢」ならと今回もイキました
命短し イッテマエ と2枚ですが。。

デザインは3年前にデザインしたこの襟先
ROOTオリジナルの小さな丸の襟先です

ユトリ量はこれくらいがLESLESTON&ROOT志向です
見た目は本物の自然な艶は裏も同じ 故に肌触り最高です


レスレストンでカルロリーバをフルオーダーで。。。

贅沢をしてしまいました
 
余命何年かと思う日々です
これくらいは ええじゃろ と

 
デザインは5年前のROOTオリジナルから。。。
当時ままだタブカラーが世に無かった時代です

オリジナルタブカラーを作った時にチョイとデザイン
それは 襟の角度もそうですが
 
一番は襟の先
 
何がオリジナル?かと言えば
この小さな丸みが「手練れ」の技から作られます
 
 
 
パット見て判る様なデザインではないのがミソ醤油
 
襟の先の小さな丸 このラウンドは他では不可能と思います
 
不可能 と言うよりも職人の慣れが必要なのです
 
 
 
もっと大きなラウンドは「型」がありますので可能でしょう
小さなラウンドは職人と深い知見から生まれます
 
 
レスレストン オーダー―会は来月
8月24日 25日の二日間