ロロピアーナ シルクエアー

過日のツイードと同じ色目ですが
こちらは打って変わってソフトな素材です

カシミア シルク メリノウールの柔らかトリオです

背が高く手の長い方ですね

20年来ネットでオーダーを頂くF様のモデルは常にブリティッシュ
肩はコンケーブドショルダーがお気に入りです


カシミアならROOTweb ビキューナもどうぞ。。。

カシミアを日本で買うなら広島のROOT!
なんて声がささやかれているかも(笑)
 
セーターではインポーターよりも発注が多い
カシミアニットをイタリアで生産
お買得価格を実現してお得意様に大好評のROOTならでは。。
 
とスーツやジャケットでも声が出るよう頑張ります
 
それとビキューナも一部の御方へ好評です
(ブランドストア「ロロ・ピアーナ」だと:ビキューナ生地でジャケット250万~)
 
この秋冬は予約でビキューナのストールが完売
ですがその後3名の方のご要望があり現在追加募集中です
 
価格@230000は1ユーロ127円時のでしたので
現在は120円での計算となりお渡しは217000予定です
(2m×70㎝)
 
実際には本体価格@210000で初回分はお渡ししております
 
急遽の第二回目募集は来月10日までです
 
 


2019年秋冬用生地が揃いました

こちらはドーメルの特別な生地です
何方にもお薦め出来る物ではありません

アホな組み合わせです値!


 
ビキューナが入っているとは言え、、、
 
>微量なんでしょ?
>>10% 入ってます
 
ストレッチ素材の様に2%程度かと思っていましたが。。
真面目に ビキューナ混と言えます値!
 
>オタカインデショウ値?
>>はい 高いです値
 
>>>ダレに?
 
はい 貴方 ダケ値(笑)
 
都内デパートなら生地が100超えらしいです
 

 
エブリデイロープライスの当店(笑)
もちろん 適度に高い御値段です
 
他社に迷惑を掛けますので安い値段は ヒミツです
 
 

この秋冬での高価な品はコレだけです
 
他はロロ・ピアーナ ゼニア ドーメルで御手頃ばかり
 
ファーストラインでの仕立て上がりが14から17程度
世間並の仕立てなら9万~
 
一例
ゼニア

 
ロロピアーナ

 
ドーメル

 
3社らしさのある旬の生地です
食と同じく服も日本人ならではの旬を楽しみましょう


ロロピアーナから新素材が

ロロピアーナ社から2つ届きました

一つは浜田市のお得意様の麻のパンツ生地
ブラインがとてもオシャレです

 
もう一つの箱にはこの秋からの新素材
カシミア モヘ シルクの3素材の混紡

いい色目です
常に服の元は英国なのです

COARSHAIER コールシェアと読みますか?

カシミア82% モヘア14% シルク4%1

カシミアの贅沢な肌触りとモヘアアのハリを備える新素材
 
久しぶりにジャケットでも創りませんか。。。


贅沢は心地良い それを求める 極める

細番手を競うつもりはありません
極細番手を皆様にお薦めするつもりもありません
 
お勧めするのはお得意様数人の方のみです
 
なにせ非日常的は素材且つ高額です
万人向けの素材とは200%違いますかな値ぇ。。
 
 
今時は何の情報もネット頼りです
 
私もネットで下調べをする事はあります
 
あくまで下調べで基本は経験値を最も重視します
 
先日はスーパー200の生地の話をしました
 
ググってみると中には
「スーパー130を買ってはダメ」というのが有りました
 
・・・
 
本当にダメ であれば 世に存在さえしません
まして 150 170 200等が興隆の時代です
 
書いている人はいつも安い生地を販売しているでしょうか
 
丈夫さが無いのでアウトとの言い分でした
 
・・・それは 丈夫さを求める人用ダケなら正解です
 

 
世の中には贅沢をお求めの方も多いわけでして
 
 
間違いなく細番手は贅沢で丈夫さはありません
 
 
200’Sは贅沢 そのものなのです
 
 
贅沢が出来る方は贅沢をすればいいと思います
 

贅沢なスーツとは 1シーズンで数回着る程度の様です
 
実際にその様な方は沢山いらっしゃいます
 
当店の場合はスーパー150クラスでさえ普通になりました
 
資本主義の中でビエロンに乗る人もあれば。。。
 
 
エルメスを否定しても仕方なき事
エルメス よく値 
 
と私は思います


2019秋冬物 ロロピアーナからスタート

第一便がロロ・ピアーナ社からこの様な容で届きました
本当の正規品はこの様にイタリア本社から届きます

 
中身は最新の2019年秋冬用生地サンプルブック
続に バンチ と呼ばれます

 
バンチ2冊とは別に束 二つ
ジャケットとスーツ生地

 
この数年は高級生地では他を圧倒しつつあります
20数年前ならスーパー150’sで驚いていた時代
今や150は並み程度? 珍しくなくなりました
 
ゼニア ドーメルも頑張って高級生地を発表しています
 

 
昔の様な手法 、、 バリエーションが狭く・・・
 
ロロ・ピアーナは200でさえ多種多様に50種
他社では数種に限られる事が多いですね
 
ゼニアのクインディッチミルミルを凌ぐ風合い
限られた方だけの至宝と言える生地です

 

 
この生地の凄さはやはり肌触り 手触り
 
もっとも判りやすいのはカシミアとの比較です
 
店頭に有名な英国のジャケット用カシミアが有ります
これと触り心地で比べると ビックリします
 
100% 鈍感な方でも 判ります
 
ロロ・ピアーナの200’sを触り
カシミアを触ると カシミアがウールではないのか?
 
そんな感覚を覚えます
 
ロロピアーナの200’sはカシミアよりも高価な糸です
それは原毛の質と技術から生まれる最高峰です
 
もっと250’s というレベルも確かにあります
しかしソレは選択肢のないコレクション
 やっと創ってみましたコレクション
 面白味が無い生地しかありません
 
確かに 高級な生地においては面白味は不要かもしれません
 

 
それは過去の価値観では
 
150Sで紺無地 200でも紺無地ではツマラン
ロロ・ピアーナのようにチェック とは言いません
せめて遠目に無地のバリエーションやストライプ
 
選択肢あっての美スポークの楽しみかと
 
至宝の200’sです

資金力の差が技術と企画の差として具現化されています
 
ちなみに200’sは都内デパートならオイクラマンエン?
当店は えぶりでいろーぷらいす (笑)
店頭でASKねがいます
(デパート他へご迷惑をかけてはいけませんので)


店頭にて アルアル

先日の事です
 
仕上がりの電話での来店のお客様
 
>どれどれ 着てみようか!
と 試着室へ入る時の事
 
毎度様が
 >ところでこのグレーは良かったのかなぁ?
 
>> ? 
>>その質問に 良くなかったと答えられますぅうう?
 
スタッフ全員の(笑声)
 
>>このグレーはサイコウデぇッス
 
カープは最低を目指すか心配ですが
 
当店では常に 最高です と
 
自信を持って言えるスーツを作ります
 
 
と ここで 皆様に質問です
 
ブームに乗り世にごまんとある状態のスーツ屋
その全ての店でスタッフは100%言います
>>良いスーツを作ります
 
「良いスーツ」「良い品」良いETC
 
これの基準は?
 
皆様はどのようにお考えでしょうか
 
高いスーツ? それとも安いスーツ
 
一番の間違いは生地に頼る場合です
 
続きは後日ウダウダと。。。

 


帰国最初のブログも シアサッカーです

はい Gジャンが仕上がってまいりました

 
シアサッカーの黒でセットアップを作られた方のアイデアです
>コレでGジャンのセットアップがオモシロイんじゃ?
 
これが達人 !
 
デザイナーの領域です
 

 
いやはや 脱帽。。。。です
  
仕事も遊びも服も超えてます。。。
 
 
消費者の方々がこのレベルなのです
それなのに
プロ?と勘違いしている我々が 
 
ツマラン様では
 
そりゃ ツマラン 店になりますわねぇ、、、
 
そんな事を思わせる逸品です
  
 
ソルビアッティのシアサッカー
(Gジャン@83000 納期は50日前後)
 
 


シアサッカー 黒で

ビスポークは「吊るし」には無い生地が楽しめるのも魅力ですね
 
達人たちは御自分で「企画」が出来る方が多いです
 
マーケットで 雑誌で見た事が無い物を想起されます
 
超達人 T様
同じ生地で来月には Gジャンも仕上がります
Gジャンでのセットアップは まさに 達人ですね

生地はロロ・ピアーナグループ傘下のソルビアッティー

シアサッカーならここが一番
チェックもシアサッカーが有ります

 
 
アリキタリ も私たちの生活には不可欠です
 
しかし
 
ファッションを楽しめる人は「無い物」領域までイッテ欲しいですね
 
其の為には店も研鑽を積んでいなければなりません
 
昨今の雨後の筍ショップの多き事
3万で上質と広告する愚行を見ていていると、、
 
「上質」をバカにしておる様に見えます
 
おそらく
コピーライターもメーカーも上質なスーツに
袖を通した事が無い人たちの集団かと
でなければ この言葉等 出ようがないでしょうに
 
 


シアサッカーでスーツ は当り前ですが

先日の仕上がりを気に入って頂きもう一着追加を頂きました
次は当店でカジュアルで今季一番のお薦め素材のシアサッカーです
 
パンツとシャツとセットアップではシアサッカー押です
です というよりもでした という風に過去形ですが。。。
皆様のお蔭さまで広島では本当に良く売れました
 
ソルビアッティのシアサッカーでのオーダースーツは
ファーストラインの基本価格136000
セカンドラインでの基本価格98000
 
黒のシアサッカーでスーツも頂きまして。。。
その上でのGジャンの追加
スーツ仕上がりのイメージはこんな感じ
(画像は完売タリアトーレ)

 
セットアップスーツをオーダーされた後
 
こんな生地でGジャンが出来たらいいのにネ との事
 
もちろん 当社 GジャンもGパンもオーダー出来ます
名のでGジャンのセットアップも可能と言う事で
AZASなセットアップができ上る予定です
 
ボタンをゴールドをお選びになるところなど
達人中の達人ですね

 
Gジャンオーダー価格
基本はデニム生地でのパンツ価格+10000程度です
デニムでのオーダーの場合は4万から6万程度が多いです
 
ですが今回はソンドリオのエアー取り+イレギュラーな生地持ち込み
ソルビアッティのシアサッカーGジャンは83000本体
 
広島から初のGジャンのセットアップがお目見えします